社会人としてのバレンタイン

仕事をしている時は、職場の男性陣に「お世話になったお礼」として、人数が少ない時は1人に一個ずつ、人数が多い時はチョコを使ったお菓子の菓子折りを買って渡していました。

義理とはいえ、仕事を共にしているからには渡さないと逆に変に思われるのではないか?という考えがあったから、バレンタインが近づくと結構焦っていた覚えがあります。

今は、仕事をしていても直接関わりがない人には渡さないし、関わりがあった人に対しても自分に義理チョコまで買う余裕がない事を伝えてなるべく出費を抑える様にしている為、義理チョコを買う事が少なくなりました。

チョコを渡すのは、やはり本命と家族だけで十分なんではないかと、つくづく実感しています。